祈りで変わっていく現実

彼はペトロとヨハネが境内に入ろうとするのを見て、施しをこうた。

ペトロはヨハネと一緒に彼をじっと見て、

「私たちを見なさい」と言った。

その男が、何かもらえるのかを期待して二人に注目していると、

ペトロは言った。

「私には銀や金はないが、持っているものをあげよう。

ナザレ人のイエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」

そして、右手を取って立ち上がらせた。

すると、たちまち、その男は足やくるぶしがしっかりして、踊りあがって立ち、歩き出した。

そして、歩き回ったり踊ったりして神を賛美し、二人と一緒に境内に入って行った。

使徒言行録3:3-8

神様の奇跡は、目に見えて分かるときと、じわじわと分かるときと、色々な方法であります。

神様の存在が、その人の中で現れるからです。

音楽を奏でるときも、神様が私の中にいて「愛」を感じれるように助けてくれているときです。

神様が、ここにいる、と感じれるときは、涙が出てきます。

自分の小ささや、自分のふがいなさ、足りなささを思うと、嫌になります。

だから神様に心から、悔い改めて、一生懸命自分の生を生きていけるように、お祈りするほかありません。

生活に密着して、神様はいる

聖書を読んでいると、2000年前にタイムスリップをして、おとぎ話の中にいるようにも思えますが、

今も同じ、変わらない神様がいると、あらゆる分野で証明されているので、

もう疑う余地がありません。

ただ、私たちがこの世に洗脳され、自分の生活でいっぱいになって、神様を見れないようになっているだけです。

ネットやテレビから発せられる『ことば』をずっと聴いていると、そうなんだと、思ってしまうのです。

性の問題。(神様への反逆)

男女平等。(神様への反逆)

社会の格差。政治家の汚職。(悪が底なしでいる)

メディアが乗っ取られ、嘘ばかりを、頭の中に入れられています。

今、感染症とか言っていますが、次に来るのは、食糧難と言われています。

農家さんや酪農家さん、たくさんの作物を捨てさせられています。

これらは、全部、聖書に書かれていることです。

ただ私たちが、忍耐を持って、目を覚まして、狭い門をくぐっていかなくてはいけません。

神様は、自分の目の前にいるのです。

自分の心の扉を開くのを待っています。

私が思うのは、今の時代を生きるのには、知恵がいるということ。

社会とうまく付き合うための知恵。

それは、一般書を読んだところで、何も得られないのです。

心を真っすぐに祈ることから、始まるからです。

だから、人の罪ばかりを言うのではなく、まず自分の罪を悔い改めて、イエス様を心にお迎えするのです。

そうすると、なんだか、すべてが楽ちんに思えて来るし、自分の悩みがちっぽけに思えてきます。

神様が私に与えてくださっているものを、まず深く悟り、それを磨くことです。

だから、元気をだしてください。

祈りで、自分も変わり、世界も変わります。

今日も素敵な日を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

敵を愛すること