不安な社会の中で

今日は、最近思うことを書いていこうと思います。

函館に引っ越して、もう半年が過ぎてしまいました。土地勘(どこに何がある)という感覚は、だいぶつかんできましたが、まだまだ場所を言われても、分からない…。

子供たちの学校が楽しくて、笑顔で帰宅する姿をみて、こちらも元気をもらっています。

そんな中、色々ともんもんとすることも多々あるのです。

どこへ行っても、みんな暗い

時代がそうなのか。コロナの自粛だからなのか。

みんなうつむいている人が多いですね。周りを見ても、自分を見ても…。

戦争中、とも言われている今の時代。

私は、テレビもニュースも、あまり見ないのですが、ずっとテレビを見ている人は、本当に世の中の不安ばかりを、背負っている気がするのです。

周りの言動が気になったり、ささいなことで自分を責めたり。

特に、家にずっといると、みんなどうしたらいいか分からない人多いのではないでしょうか。

この間、スーパーで買い物をしていた時の話です。

3歳くらいの子どもの鳴き声がしました。見ると、5歳くらいのお兄ちゃんと、二人で一生懸命にお母さんを追っかけています。

お母さんは、「あんたなんて、もう知らない!そんな物買ってあげない。なんで、勝手にそんなものを持ってきたの!!」と、

すごい大声で怒鳴っていました。

子どもは、その持っている商品を棚にも戻せずに、ひたすらお母さんを追いかけていました。

私は、ただただ、子どもがしっかりと愛情深く育ってほしいなと、心から願うのでした。

みんな不安の中で生きている

現実逃避~といって、おいしいもの食べたり、素敵な場所へ出かけても、結局「不安」というものは、自分に追っかけてくるものです。

どんなことがあっても、何をいわれていも、人ってそんな簡単に「幸せ」になれる者ではないでしょう。

お金持ちでも、好きな人がそばにいても、自分の中から出て来る不安からは、逃げられません。

だから、もがいているのです。

探しているのです。

自分の心のよりどころを。

それを探すために、お金をつぎ込んで、時間を費やして、本当に見つかるのでしょうか。

静まること

何事も、プレッシャーがかかるときって、自分の中の声がうるさいときです。

ストレス社会の中で、情報だけが先走っていて、自分の声を聴く時間がまったくないのではないかな、と思うのです。

そう。自分の声。

叫び。

そして、自分のドロドロの姿。

聖書の神様は、静まりなさい。と、おっしゃっています。

静まるとは、自分のかりたてる声を、まず消すのです。

だまるのです。

自分の心に向かって、「だまれ」と言ってみるのです。

そうすることで、本当の自分の姿が見えてきて、命が与えられていることを、知ることができるのです。

あなたは誰にもコピーできない

あなたは、あなたなのです。

世の中が、こうしたらいい、ああしたらいい、とか騒ぐけれど、そんな情報に一切耳をかたむけない方がいいです。

今、何をしたいのか。

静まることで、見えて来る自分がいるはずです。

恐れや、不安をまず消して、自分の声を聞いてみてください。

必ず、自分に出来ることがあり、それを守らなくてはいけない使命もあるからです。

今、不安の時代のなか、嘘ばかりの情報の中、信じられるものは、目に見えない神様だけです。

それもただお一人の、聖書の神様だけです。

なぜなら、聖書の神様は、「私は、アルファでありオメガ、最初の者にして最後の者、初めであり終わりである。」からです。天地万物の創造主だからです。

私は、神様に本当に助けられ、命をいただいているのです。

見たこと、聞いたことを、話さなくてはいけないのです。

一人ひとりが、自分の使命に気づき、豊かな人生を生きることができるように、お祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です