突っ込みどころが満載

昨日の夕焼けも、きれいでした。

昨日は函館市にある、緑の島という場所へ、息子とお友達と一緒に行ってきました。

コロナ禍で、制限の中で生活し、そして今制限が少しずつ解除されつつあるような、ないような中で、過ごしている今。

何が良くて、何が悪いのか。

全く持って、分からない。

マスクが良くて、レストランでの食事以外は、マスクをしましょ、というポスター。

布マスクは、ダメで、不織布マスクは良い。

手の消毒をして、スーパーのカートに「消毒済み」の列から、使用済みのかごを使う。

窓を開けて、換気を定期的にするけれど、外でもマスクをしてランニングする。

外気がそれほど汚染されているみたいです。

相手がマスクをしていて、自分がしていなかったら、相手に失礼なのか。

ある人は、こういう。

ある大学の先生は、ああ言う。

えらい人は、こういう。

学校の先生が、お勧めする。

職場の怖い上司が、命令する。

だから?

マスクの内側の菌の方が、よっぽど汚いよ。

同調圧力。

世間体。

本当に、だまされているのは、誰なのか。

ああいえば、こういう。

突っ込めば、違う視点から、また同じような理屈がくる、ということ。

学校で学ぶ、作文や論文は、そういう屁理屈を言えるように、訓練するためなのかな。

周りが言うから、有名な学者が言うから、親が言うから、と。

色々な人に耳をかたむけていたら、自分の健康が損なわれることだってあると思うのです。

だって、自分の身体の痛みや心の気持ちは、自分にしか分からないことでしょう。

おトイレへ行きたくなるときに、いちいち周りに意見求めますか?

自分の身体は自分で守らないといけない。

だから、このコロナ禍の対策は、嘘くさいのです。

インフルエンザが流行ったときは、それぞれが対策をしていたのに。

身体の免疫力をつけて、たくさん寝て、たくさん笑っていたのに。

すべて、デジタル化されて、夜もゆっくり眠れない世の中に。

空を見て、きれいだなと思う人が、いったい何人いるのかな。

空をみて、携帯を見て、不安になって、心配をしている方が、日常になってきていると思うのです。

だから、

すべてに耳をかたむけなくて良いのです。

自分の心の言葉に、耳をかたむければいいのです。

不安要素は、外からくる。

だって、マスク買ってほしい企業がたくさんあって、スマホのアプリで聞いてほしい企業もたくさんあり、物を買ってほしい企業が、わんさかいるからです。

企業の、企てた業に、引っかかってしまうからです。

本当は、シンプルで、きれいな世の中なのです。

汚染なんて、されていない。

人間の口からでる、ごまかしや嘘が、人間を汚しているだけだと思うから。

自分の今の心を、探ってほしいと、願うのです。

本当は、どうしたいのか。

本当の私は、今どうすべきなのか。

周りの意見や、会社のロボット君として生きていくのではなくて、自分の好きなこと、得意なことで、周りを喜ばすことができれば、それが一番の平和になるんじゃない。

空をみて、今日の命をありがとうと、言いながらこの先過ごせたら、自分が変われるはず。

『心の貧しい人々は、幸いである。

天の国はその人たちのものである。

悲しむ人々は、幸いである。

その人たちは、なぐさめられる。

へりくだった人々は、幸いである。

その人たちは、地を受け継ぐ。』

マタイ5章3節から5節

作品番号21番。

自分の得意なことを、やり続ける力は、やっぱり上からいただくから。

今日を生きる力、やり続ける力。そして

心から感謝する力。

それは、自分の心の中に、誰にでも与えられている力。

今日も素敵な日を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です