裁く方は神様お一人です

聖書のみ言葉

こういうわけですから

人は私たちキリストに仕える者

神の秘儀の管理者と考えるべきです。

この場合、

管理者に求められるのは

忠実であることです。

あなた方に裁かれようと、

人間の法廷で裁かれようと、

私は何ら意にしません。

私は、

自分で自分を裁くことすらしません。

私には

少しもやましいことはありませんが、

それで義とされているわけではありません。

私を裁く方は主です。

ですから、

主が来られるまでは

何事についても

先走って裁いてはいけません。

主は、

闇に隠れたことを明るみに出し、

人の心のはかりごとをも

明らかにされます。

その時には

神からそれぞれ誉れを受けるでしょう。

第一コリントへの手紙4章1節から5節

裁きあってしまう人たち

どうしても、何をしていても、自分の思い通りにいかないと、自分を正当化してしまって、他人のせいにしてしまう自分がいます。

これは、どうあがいても、自分の気分が本当に悪くなる。

そして、その気持ちをほおっておくと、腐りかかって、その他人に対して、吐き気がするほど、嫌いになってしまう時もあるのです。

私は、よく一般的に「やさしい」とか、「一緒にいると安心する」とか、言われる人ですが、

他人によく利用されることもあります。

愚痴のはけ口になってあげたり、自分の時間をその他人にささげてしまい、自分の生きるエネルギーさえなくなっていた…という経験も、多々あります。

なぜなら、私は、他人に裁かれたくないから!という、本当に弱い者なのです。

人が喜ぶ顔を見ると、自分もうれしくなり、他人に対してもっと優しく接すると、自分もなんだか満足する、という気持ちが好きだからです。

でも。

それは、「自分を愛することへの行為」から逃げていると気づくのです。

自分を大事に大切に、そして自分の心や魂と、向き合えずに、他人の救いを願えるでしょうか?

それは、錯覚ですぎないのです。

裁く方は、神だと、聖書では言っています。

しかも、過去も将来も、上の者も下の者も、すべて明るみに出される、ということなのです。

私は、自分の他人を助けることで、自分を救おうとしていた行為に、愕然とただ、立ちすくむのです。

なぜなら、ひざを抱えて、座り込み、泣きじゃくる自分が、心の中にいるからです。

だからこそ、魂(Soul)が救われるように祈るしかない

そこには、魂を救ってくださる方がおられるのです。

長い間、聖書を読んでいても、信仰を守っていても、自分のように魂が救われていない者がいるのです。

それは、聖書のみことばをよく理解していないで、自分勝手な考えで物事を判断するからです。

将来も過去も、裁かれている神がおられるのであれば、私はただ神の言葉である「聖書」にすがりついて、その理解をいただけるように、お祈りするしかありません。

自分の魂が、本当の意味で神様と同じようになり、他人と接することができたら、どれほどの気持ちが楽になることでしょう。

私は、ただ人に合わせて、その人の気持ちを理解してあげようとしますが、結局自分の中にある穴は、神様のご愛でしか埋められないということ。

そう。

自分の時間を持つということは、自分の魂に神様からの霊を受ける、と言うことなのです。

そこから、本当のキリスト者とは、成長させていただけるのだと思うのです。

み言葉を十分に読み、深い理解を得ること。

これは、お祈りによってでしか得られません。理解できる人は、本当に少数なのです。

もう、キリストの再臨の時間が迫ってきています。

今日という日が、もう帰ってこないことは、分かっているはずです。

だからこそ、今日を本気で、神様のみ言葉に聞き、神様のみ言葉通りに「愛」を全うしていきたいと、心から祈るのです。

社会全体が同調圧力でしかない

私は、色々な場所に住み、色々な人たちと、コミュニケーションを図ってきましたが、

結局「仲間」になれない人を、排除するのが、人間です。

自分と同じ考えを持たないと、排除するのです。

人から出る考えとは、結局、支配する罪なのです。人を良いように支配できたら、社会全体が楽ちんですから。

私たち一人ひとりを、造られた神様への反逆としか思えません。

社会が、本当におかしいと、気付いている人は、多いと思うのです。

その中で、真実は、聖書の神様しかないのです。

神様のみことばが、人の魂を救い、人の考えに勝るのです。

だから、一人ひとりが真実に気づくことを、お祈りします。

真実に気づいて、救われますように。

RAPTさんのブログを読んで、私の魂は、もう一度神様を信じることで、救われました。

日本の教会が本当に今、おかしくなってしまったことに、一人ひとりが気づいてほしいと、心から願っています。

神様が本当に、私たちを愛し、守り、そして義の道へ導かれようとされていること。そして、もう時間がないということ。だから、ここに書かざるを得ないのです。

今日も大切に、素敵な日を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です