弱さの中に働かれている神様

聖書のみことば

誇る必要があるなら、私の弱さを誇りましょう。

コリントへの手紙第二11章30節

自分の弱さ、自分の力のなさ、自分に対する甘さ、などなどあげればきりがありません。

この手紙を書いたパウロは、自分の弱さを誇りましょう、と、普通に生活していたら、まったく逆のことをいっています。

昨日は、チーズケーキを焼いたのですが、生クリームを入れ忘れて、ただのクリームチーズにお砂糖入ってしまいました的な、ケーキが仕上がりました。

大失敗です。問題は、その後です。

私は、自分の失敗を許せずに、なんどもなんども、『自分のボケ、バカ!』と言って、うなだれました…

私は、失敗きらいな負けず嫌いなのです。

一番は、家族の笑顔が見たかったのに、家族にも心配をかけ、私の雰囲気が悪いので、子供たちもママを元気づけようと、必死です。

もう、そんな自分も嫌だったので、おいしいスイーツ食べにカフェへ行きました。

久々のチョコチャンクスコーン~。最高でした。

しかし、息子が目の前で、自分の飲んでいるチャイラテを、バシャーーんと、やってもうた…。

隣に座っている外人さんの足に、思いきりこぼしました。

急いで店員さんをよんで、床も机も拭いてもらいましたが。

何度も外人さんへ、私と息子があやまっているのに、知らんぷりです。

店員さんも足元を拭きたいから、謝って拭いていいるのですが、一向に読んでいる本から目をそらしません。

まだ、途中のカフェタイムでしたが、もうそこにすわるのも気まずいので、帰りました。

そんな一日をすごしたのですが。

すべてはもう神様のご計画の中にあると、思い、あのカフェにずっといたらいけないよ、というメッセージをもらったかのように、気分よく帰りました。

人には気づけない、見えない存在があると思うから、私はあまり悪的な雰囲気を好みません。

弱さの中に働かれる神様

私は、本当に怖がりで、臆病です。

しかし、アメリカに5年住んで、東京近郊でOLして10年、そして結婚ドイツに5年、その後未知の北海道に住んで、もう間もなく10年が経とうとしています。

地元のさいたまは、大好きだし、離れたくなかったけれど、いつも『ここの場所にはずっといられない』という思いがありました。

人も土地も、なんだかせわしなく、お互いが争い、一番になるための雰囲気があったのかもしれません。

北海道は、色々と開拓が進んでいますが、元々住んでいる日本人の方々は、ほのぼのしていて大好きです。

何が言いたいかというと、私は遊牧民のように、あちらこちらを転々としていて、地域の人になりきるための努力をしてきました。

そうしないと、そこで生きていくことは本当に大変だからです。

自分のプライドがあると、地元民になりきることは難しいのです。なぜなら、自我が強いと、手放さないといけないことが増えるから。

ド田舎で、洋服も変える場所がないところで、どうやって自分のセンスを生かしたファッションを楽しめるのか?

言葉も分からず、すべて量り売りのスーパーで、どうやって自分の好きな食材を手に入れられるのか?

女性が楽しめるおしゃべりを、そこの土地のことを知らずして、どうやっておしゃべりできるのか?

すべて、自分のプライドを捨てて、その地元の人と一緒に同じ視点でやっていかないと、出来ないことなのではないでしょうか。

自分の誇りは自分の弱さ

色々な国を経験して、色々な会社も経験して、色々な人たちとコミュニケーションを図って、自分がやってきたこと、出来てきたことには、誰にも詳細を話せません。

なぜなら、それは神様の介入があり、助けてくれたからです。

自分がそうやって地元の人と一緒に色々な活動ができたことは、自分が弱いから、神様の導きがないと、どこまでもできないと、知っているからです。

それだけど、神様さえも見えなくなって、自我を通すことは、本当にどん底に落ちるときです。

神様は、自分の弱さに働かれる存在と、今でも教えられています。

ケーキの失敗から、カフェでの出来事、そして毎日押し寄せる心配事。

すべて一緒に、守って意味あるものとしてくださるのです。

だから24時間、神様を想って、日々起きることに動じず恐れず、ただ与えられている仕事を全うするほかありません。

解決方法は、自分の心がすでに知っている

色々な選択が迫られる母親業ですが、小さな選択も大きなものも、すでに自分の心が答えを出していると思うのです。

素直な視点で物や人を見つめていると、他人のあらとか悪い物とかも、見えて来るでしょう。

これは、自分の心を清めなさいよ。神様に助けて頂きなさいよ、とメッセージなんだと思うのです。

他人の悪いことを見る前に、自分の罪を悔い改めることを、神様から教えられているからです。

神様が愛してやまない私を、私は愛することができるのか。

すべての問題は、神様を心から知れるように、用意されているものでしょう。

だから、落ち込んで立ち直ったら、自分と同じ苦しみの中にいる人を助けたいと、思うのです。

このブログは、そんな人を助けたいという思いから、書いています。

神様のみこころを知って、それを行動に移すことほど、幸せな仕事はありません。

失敗しても、嫌な状況にあっても、大丈夫。

自分の弱さであるための経験は、神様のみこころを知るためなのです。

今日も、だからこそ、神様のみ手の中で、素敵な日をお送りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です