感情にだまされないで、まずは霊の救い

誰も、二人の主人に仕えることはできない。

一方を憎んで他方を愛するか、

一方に親しんで他方を疎(うと)んじるか

どちらかである。

あなたがたは、

神と富とに仕えることはできない。

マタイの福音書6章24節

この聖書の箇所は、今の自分にずっさりとくる言葉です。

なぜなら、私には二心も三心もあって、最終的にいつも

自分の得すること、お金とか幸運とかを選んでいるのです。

神様は、目に見えないけれど、この世の考えや生き方、そして私の無知を、ことごとくご存知です。

聖書に書かれている、神様の言葉は、本当に次元が高く、人間が理解できるまで、どれほどの時間と経験を費やせば、分かるようになるのでしょう。

聖書を初めて読む人にとっては、なおさら、なぜこんなことが書かれているのか、理解できない人も多いと思います。

私もその一人で、みことばの解き明かしをしてくれる人がいないと、本当に分からないのです。だからと言って、教会へ行って、一生懸命神様の言葉を聞きに行って、教会へお仕えしても、理解できるかというと、そうでもありません。

一人一人が、神様から語られる言葉があり、それを悟る必要があるからです。

私は言います。

霊によって歩みなさい。そうすれば、

肉の欲望を満たすことは決してありません。

肉の望むことは霊に反し

霊の望むことは肉に反するからです。

この二つは互いに対立し

そのため、あなたがたは自分のしたいと思うことができないのです。

ガラテヤへの手紙5章16~17節

ここで書かれた手紙には、「肉」と「霊」と、二つでてきます。

そして、この二つは、自分の中で対立すると書かれています。

肉は、分かるのですが、霊は、分かりにくいですね。

肉よりも霊の方で生きていきなさいと、言われるのです。

だから霊をまず、知らないといけないのです。

教会では、その霊を育てること、霊が救われることを、あまり重きを置かずにして、

「こうしなければいけません」と、ルールばかりを説明するので、

どこをどうやって、霊で生きるのか、分からないのです。

私は、RAPTブログでそれをはっきり教えられました。

私は、教会に対して、本当に不信感があり、日本の一般社会よりも、腐っていると感じていました。

何をしても、何をされても、えらい人の都合のいいように、物事が言いくるめられていて、周りの信徒さんも、毎日の戦いが苦しく、愛に飢えている人ばかりを見てきました。(そういう風に私の目には映りました)

だから、本当の魂の救いが、隠されてきたのです。

人々は、支援金、生活金、そして贅沢するお金を必要としています。

それを目の前に見ることができたら、神様をほめたたえるのです。

これでは、逆を行っているのが分かりますか。

本当は、霊によって生きなければならない、と言うことなのです。

自分の欲望を満たす行為ではなく、神様に愛されているという、喜びから救われて、そしてその喜びが溢れて行った先に、周りへの愛がやっと発生するのですね。

こうしたら、モテる。とか、

困っている人を助けたら、周りから褒められる、という動機では、何も受けることができないのです。

今の時代だから、心や感情でだまされる

ここ最近は、「引き寄せの法則」とかで、ワクワクの感情とか言われますが、

感情を使って、色々な悪がはびこっています。

「困っている人を助けてください」

病気の人の写真を見せられて、お金を集めている集団や、

子どもや高齢者を使って、ストーリーを組み立てられたニュース記事。

そうやって、人々の心が、盗まれているのです。

だから、あまりそうやって感情を丸出しにする記事は、読まない方が良いです。

自分の霊が、救われていないのに、どうやって他人を救えるのか、ということです。

肉から生まれる言葉が、どれほどの人達に影響を及ぼして、苦しめているのか。

最近のコロナ情報は、それが浮き彫りに、分かるのです。

分からない人には、分かりません。

しっかりと目を覚まして、今起きていることを知らないといけないのです。

だから、聖書のことばに戻って、自分の視点と考えを矯正する必要があるのです。

まわりの言葉や、気持ち(嘘が多い)に騙されないで、真実の言葉に耳をかたむけてほしいと、心から願っています。

今日も本気で、素敵な日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です