良い実を結ぶために今できること

悔い改めにふさわしい実を結べ。

「我々の父はアブラハムだ」などと思ってもみるな。

言っておくが、神はこんな石ころからでも、

アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる。

斧はすでに木の根元に置かれている。

良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。

マタイの福音書3章8節~10節

聖書によく出て来るたとえなのですが、「良い木」と「悪い木」があります。

良い木は、良い種から育って、良い実を結び、悪い木は、種が悪いので、悪く育って、最後には腐っていく、というたとえ話です。

神様は、良い種と悪い種を、一緒の畑で育てて、その後にそう実ったかを見ています。

良い実を結ばなかった木は、切り倒されて火に投げ込まれるのです。

ここでの農夫は、神様を意味しています。

私は、まことのぶどうの木、私の父は、農夫である。

私につながっている枝で実を結ばないものはみな、父が取り除き、

実を結ぶものはみな、もっと豊かに身を結ぶように手入れをなさる。

ヨハネの福音書15章1~2節

これを読み進めていくと、誰でもみんな「良い実」を結びたいと思うわけです。

良い種から良い実を結び、そして神様がもっと良い実を結べるように、剪定までもしてくださいます。

私たちには、良い実を結ぶ種がある

私たちの中に眠っている才能、そして私たちの中にある無限の愛は、小さな種として眠っています。

それを掘り起こす作業がいるのです。

すべてやってきたこと、見てきたことは無駄ではなく、その良い実を結ぶための過程であるのです。

だから、静かになって、心の言葉を聞いてみることが大事だと思うのです。

静まれ、私こそが神であると知れ。

国々に崇められ、全地において崇められる。

詩編46編11節

私はずっと心の中に、神様はいると思っていました。

他の人にも聞くと、そう答える人達がほとんどでした。

逆に、神はいない、と言って生きている人ほど、自分を強く見せるために、お金を使って自分を武装していました。

他人からは分かりえない、自分自身の姿を神様は知っておられ、そして農夫(神様)が手入れするように、私が良い実を結ぶために、ずっと待っていてくださっているのです。

しかし、もう時間がありません。

収穫の時が近づいているのです。

私は、自分に与えられている物を深く知り、心から神様に清めていただいて、そして神様の手入れによって、実を結ばないといけないのです。

今の自分にできること。

今日、何ができるのか。

すぐには、見つかりません。しかし、すでに種はあるので、それを大事に訓練していかなくてはいけません。

決して、自分を責めて、ダメダメ人間にしてはいけないのです。

自分に投げかける「ことば」を改めて、もっと深く神様が語ってくださる「ことば」を受け入れなくてはいけません。

良い実を結ぶためには、イエスキリストの枝にとどまっていないと結べません。

そのためには、聖書を読むことです。

神様のことばを、毎日お水のように、心に注ぎ満たすのです。

見えるものに、まどわされないために、目を覚まして生きていかないといけないのです。

真実を見て生きる目

テレビや、マスコミが報道するもの、ほとんどが嘘です。

http://rapt-plusalpha.com/

神さまが、この世を裁かれ、農夫として剪定されています。

この世の中で生きている私たちは、真実を見て、目を覚ましていないと、まどわされるのです。

自分に与えられたものを、大事にしてください。

そして、良い実を結ぶために、努力してください。

理屈ばかりを並べて、行動を起こすのを後回しにしないでください。

時は迫っているのです。

幸せな人生は、神様にとどまってから、始まるのです。

今日も素敵な日を。

本気で生きることができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です