心の目を覚まして

愚か者は心の中で言う

「神などいない」と。

彼らは堕落し、忌むべきことをした。

善を行うものはいない。

主は天から人の子らを見下ろし

神を求める悟りある者はいないかと探られる。

すべての者が神を離れ、ことごとく腐りはてた。

善を行う者はいない。一人もいない。

悪事を働く者たちは誰もこのことを知らないのか。

パンを食らうように私の民を食い尽くし

主を呼び求めようとはしない。

だが、彼らは恐れおののくことになる。

神が正しき人の輪の中におられるから。

詩編14編1節~5節

この詩は、昔イスラエルの王だった、ダビデが書いたものです。

どんな地位を築こうとも、どんな思いを抱こうとも、彼の周りにはいつも、彼の敵があり、命を狙われていました。

そして、ダビデはいつも、神様を信じて戦っていった戦士だったのです。

神様が正しき人の輪の中におられる。

これほどの安堵は、他にはありません。

いつも誰かが殺されたとか、誰かが責めてきた、うその条件を突きつけられて、自分が悪者になった。

正直な気持ちを話せる信頼できる友さえ、敵だったという経験。

ダビデの生涯は、ずっと戦いだったのです。

正しい人の中におられる神様。それは、今の時代も同じです。

自分の心にうそをつかないで、正直に生きていくときに、必ずぶち当たる壁があり、それを乗り越えていく過程の中に、神様は必ずおられると思うのです。

自信が持てなくて

私の人生を振り返るとき、いつもいつも恐怖がありました。

今ある家族がいなくなったら、どうしよう、とか。

お金がなくなったら、どうしよう。

大好きな人から嫌われたら、どうしよう。

色々な不安は、シャワーのように降りかかり、それを回避するかのように、関係のない仕事や、おせっかいに走ったりするのです。

そうしていくうちに、何が正しくて何が悪いのかも、判断ができなくなるのです

だから、不安になったときに軸をしっかり持つこと。

よく、自分軸と言いますが、私はその軸さえも分からなかった時がありました。

なぜなら、他人の判断や顔色で、行動していたのですから。

自分軸をたてるためには、自分のことを造ってくださった神様に戻る事です。

神様の深いご計画をしるときに、何が正しくて、何が悪いのかが、分かってくるからです。

その中で歩むとき、自分も正しい人に変えられて、正しい人の輪に住む神様に出会えるのです。

いつも目を覚ましていること

体が疲れていると、もちろん眠いのですが、疲れすぎていて目がギンギンになって、返って眠れないという経験もあります。

目を覚ます、とは、体が起きていることを、指しますが、心の目がさえることも言うと思うのです。

真実をしっかり見る目。

だまされない目。

常に準備している目。

それは、心で見る目ですね。

その心の目を、常に覚ましていること。起きていることだ大事なんだと思うのです。

そのためには、やっぱり影響の大きいテレビとかネットは、ほどほどにしないと、まどわされます。

おしゃべりな人にも気を付けた方が良いです。

他人ばかりを干渉して、自分のことは何にも分かっていない人も、たくさんいます。

まずは、自分の心です。

神様の愛が、よく分かるように、聖書を解き明かししてくれている人がいます。

目を覚ますことは、自分の心が欲するものが分かることです。

自分の生きている意味も、深く考えて生きている人です。

神様の裁きの時に、言い訳できないのです。

今日も本気で過ごすことができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です