娘ちゃんのお誕生日に思うこと

あなた方の中で知恵に欠けている人があれば、

神み求めなさい。

そうすれば、与えられます。

神は、とがめもせず惜しみなくすべての人に与えてくださる方です。

少しでも疑うことなく、信じて求めなさい。

疑うものは、風に吹かれて

揺れ動く海の波に似ています。

そのような人は、主から何かをいただけるなどと思ってはなりません。

二心のある人で、その歩む道のすべてに安定を欠く人だからです。

ヤコブの手紙1:5~7

今日の朝ごはんから、娘ちゃんのお誕生日祝いをしました。

寝起き一番で、お誕生日の歌歌って、ろうそくを消して、こってりケーキをいただくのが、我が家のやり方です。

そのまま笑顔で、学校へ行きました。

お誕生日って、祝う方も祝われる方も、幸せ気分ですね。

私は、娘ちゃんが生まれた日のことを、ずっと思いめぐらしていました。

ドイツでの初めての出産。

ドイツ語分からないのに、助産師が言っている「吸ってー、吐いてー」の掛け声は、なんとなく分かった。

けど、本当に痛み限界だったのに、そんな指示に従わず、もう自分流の出産だった気がする。

だから、出産後大変だったわーー。

そんなお誕生日の思い出。13年前の記憶です。

知恵が欠けている人に与えてくださる神様の業

このヤコブの手紙(聖書)に書かれている箇所は、私の人生ともにある気がします。

受験の時も、母からこの箇所を教えてもらって、安心して試験に臨んだことを思い出します。

アメリカの大学で勉強したときも、ドイツで出産したときも。

私には、知恵がなかったのですが、経験上、良く人から助けられます。

だから、生まれたときからずっと同じ場所に住むのではなく、遊牧民のように、色々な土地で過ごせてこれたのかもしれません。

色々な場所が、育ててもらった地元があるのですから。

神様は、疑ってはいけませんと、言っています。

そうでないと、風に吹かれている波の様になってしまうと。

ここで信仰が試されているのです。

少しも疑わずに、神様に祈り求めること。

雑念や心配ごと、色々な恐怖からくる想定した現実。

これを金繰り捨てること。

いやーー。本当に大変ですよ、これ。

だけど、神様はそうおっしゃるのです。

だから、そういう風に生きれるように、ただ祈って求めていくしかありません。

義人による祈りは、聞いてくださるということ。

そして、私たちの罪からくる心配ごとは、神様にキレイにゆるしていただき、ひたすら信仰の人生を歩みたいと、思った今日の日です。

Have a nice day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です