目を覚まし続けていく方法

使徒たちの手によって、多くのしるしと不思議な業とが民衆の間で行われた。

一同は心を一つにしてソロモンの回廊に集まっていた。

他の者は誰一人、あえてその仲間に加わろうとしなかったが、それでも、民衆は彼らを称賛していた。

そして、主を信じる者が男も女もますます増えていった。

ついに、人々は病人を大通りに運び出し、担架や床に寝かせ、ペトロが通りかかるとき、せめてその影だけでも誰かにかかるようにするほどになった。

また、エルサレム付近の町からも、大勢の人が病人や汚れた霊に悩まされている人々を連れて集まってきたが、一人残らず癒された。

使徒言行録5:12-16

聖霊が人の上に下るとき、こんなことが起きるなんて、目の当たりにしたら、主を信じる他ありません。

この世は、悪霊に悩まされている人が多くいます。

私も、日々、戦っています。

特に女性は、『感じる』力が強いから、本当に参ってしまうときは、とことん参ってしまうからです。

その弱さに、悪魔は入るのです。

神様からはなれさせるための、工作です。

だから、いつもどんなときも、目を覚まして、何が本当で真実であるかを、悟らないと、迷います。

自分は、聖書と祈り、そしてRaptさんのブログです。

命の言葉が、心の中にないと、攻撃されます。

本当です。

神様が、一人一人に語りかけてくださる言葉は、その人の心の準備ができていないと、悟れません。

その方法がRaptブログに書かれていました。

だから、感情的にならずに、悪魔に隙間を与えずに、生きていけるようになるのです。

どんな状況になろうとも、神様だけが、救いです。

これからもっと、困難が来ると思います。

どうやって生きて行けばいいのか分からない人達が、もっともっと増えていきます。

神様が与えてくださる、日々の糧は、みことばなのです。

だから、これを毎日読まないといけないのです。生きていけなくなるから。

人から称賛されるものほど、むなしいものはないです。

3日で消えるから。

神様から価値あるものとされ、神様から称賛をいただく人生の方が、よっぽど幸せです。

その方法が、Raptブログに書かれていました。

色々な人が、『救い主』のような言葉で、人をだましてきます。

さまざまな分野の人が、分かったようなことを、言っています。

でも本当の真実に目を向けられるように、聖書はその矯正メガネです。

私も、Raptさんと12弟子の皆さんに、もし肉眼でお会いできることがあれば、きっと癒されると思います。

その人達の影に入っても、悪霊が逃げていくのだと思います。

今日、神様からいただいたものは、『聖霊をうけなさい』です。

そのために、自分を鍛錬していかなければなりません。

自分の栄えることよりも、他人のために働いて、神様のみこころを成していくことを、教えられています。

今日も、本気で生きていきたいと思います。

Have a nice day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

甘えてはいけない