奇跡は起きる

昨日の夕焼けは、本当に本当に美しかったです。

五稜郭公園へ、息子と散歩しました。そして、この写真~。きれいすぎで、周りの人達もみんな、写真撮っていました。

一瞬ごとに、空の表情が変わっていきます。

その瞬間を逃さずに、ひたすら公園の中を走っては、写真&ビデオを撮り、そしてまた走りました。

寒かったけれど、体はポカポカです。

いい散歩時間となりました。

さて、今日の聖書から教えられたことです。

求めなさい。そうすれば、与えられる。

探しなさい。そうすれば、見つかる。

叩きなさい。そうすれば、開かれる。

誰でも、求める者は受け、探すものは見つけ、たたく者には開かれる。

あなた方の誰が、パンを欲しがる自分の子どもに、石を与えるだろうか。

魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。

このように、あなた方は悪い者でありながらも、自分の子どもには良い者を与えることを知っている。

まして、天におられるあなた方の父は、求める者に良いものを下さる。

だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と予言者である。

マタイによる福音書 7:7-12

頭でわかっていても、どうせ無理だわ~、と考えたときに、すぐにあきらめてしまうものです。

好きなことを追求したいのに、あの人の方が絶対すばらしいから、自分はあきらめた方がいい、とか。

目の前の壁が大きければ、大きいほど、歳を重ねてしまうと、あきらめてしまうものです。

若いころのように、「がむしゃら」にできないからです。

でも、この年にならないと、分からなかった人生の歩み方やコツも、習得していると思うのです。

知識も知恵も増して、歳を重ねていた方が、生きやすくなっていると、気づく時もあるのです。

だから、若いだけが武器ではないのです。

私は、若いころから、あきらめてた部分があるので、人生がむしゃらに歩んでこなかった気がします。

小学校のときの通知表にも、先生の一言が、「ぬるま湯にとっぷり浸かっているような考え方を持っている」と、言われて、先生に向かって腹を立てた自分がいました。

いつも、そうやって人のせいにしてきたから、自分自身のことを言われている、自分が直さないといけない、とか、頭で考えることができなかったのです。

今になって、ようやっと、その意味が分かるという、なんとも、まだまだ未熟な者です。

さて、聖書には、求めなさい。と、あります。

この箇所は、本当に有名な箇所ですが、どれほどの人が実践をしているのでしょうか。

毎日を惰性や、ルーティン作業で過ごしたら、求めることが分からなくなります。

今の社会は、そんな社会ですね。

だから、日々自分自身に問うのです。

神様が自分を造られた本当の意味を。

神様がくださった使命は、一体何なのかを。

その使命の中で仕事をしていけると、本当に幸せなんだと思います。

使命がある、それだけでも、希望です。

そしてそれが分かったら、自分の考えや興味、ワクワクに従うのではなく、神様がくださる知恵と自信で進むのです。

そうでないと、結局「求めている」には、なりません。

自己満足で終わってしまうからです。

神様がくださる知恵は、この世の最高峰です。なぜなら、神様がこの世界を造られたからです。

その神様の業を、自分を通して成してくださるという事実に、自分をゆだねたいと思うのです。

言葉をいただいたら、自分の中から、奇跡が始まっています。

少しでも、神様の業が見えるように分かってきたら、祈ってみてください。

求めてみてください。

本当の幸せを、求めてみてください。

私も今、それを求めているところです。

あの夕焼けを見せてもらえたら、もう「ありがとう」としか言いようがありません。

奇跡は、起こるのです。信じて求めていけばです。

今日も、本気で生きていきましょう。

Have a nice day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です