不安の中にいるときの祈り

あまりに多くの掲示を受けた為、それで思い上がることのないようにと、私の体に一つのトゲが与えられました。

それは、思い上がらないように、私を打つために、サタンから送られた使いです。

この使いについて、離れ去らせてくださるように、私は三度主に願いました。

ところが主は「私の恵みはあなたに十分である。力は弱さの中で完全に現れるのだ」と言われました。

だから、キリストの力が私に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。

それゆえ、私は、弱さ、侮辱、困窮、迫害、行き詰まりの中にあっても、キリストのために喜んでいます。

なぜなら、私は、弱いときにこそ強いからです。

コリント信徒への手紙 第二 12:7-10

すごい、み言葉です。

今の私にぴったりです。自分の弱さを、まざまざと見せられているからです。

その弱き私の中で、神様は強めてくださり、事を成してくださる、とおっしゃっているのです。

私は、気分屋で、毎日が風のように揺れ動く心を持っています。

少しでも、不安要素が入り込むと、落ち込んだり、心配したり、他人のせいにしたりして、自分を正当化してしまいます。

これは女性なら、結構理解できる人も多いと思います。

そして、承認欲求が強いのです。

ここが、サタンが入ってくるスキです。だから、ここを心から変えてくださるように、お祈りするしかありません。

この私の弱さが、神様のお力で、強くなると、言ってくださるのです。

育った環境、周りの人からの影響で、自分の凝り固まっている考えを、底入れしてもらうのです。

だから今の環境が一番その鍛錬する場であると、思っています。

母として、妻として、一人の女性として、日本人として、私だから出来ること、出来ないこと。

それを、誇りとしましょう、と、この箇所を書かれたパウロさんは、言っているのです。

女性は、結構「握ってしまう」ことが、多いと思います。

これも、あれも、私のもの。

あれも、欲しい。これさえあれば、幸せだ。とか。

安心できる、あれが欲しい。

保険に入れば、安心、みたいな感じです。

すべて今、私たちは、洗脳社会で生きていますから、ぜーーーーーんぶ、嘘ですよ。

安心は、外からくるものではなく、神様がくださる聖霊によって、のみです。

お祈りからくる、平和のみです。

だから、今もし、不安の中にいる人がいたら、お祈りしてみてください。

神様、今とても怖い中にいます。

未知のウィルスとか、本当にわけ分からないです。

しかし、すべてを知っている神様にお祈りします。

どうか、そのウィルスを操っている組織が、み心のままに裁かれて、私たちがみ手の中で守られ、神様の完全な知恵の中で、養ってください。

どうか、正しい判断をできる知識を与えてくださり、攻撃してくる人達から、神様から瞬時に与えられる言葉によって、守ってください。

日々の生活も、本当にいっぱいで、何が正しくて何が悪いのかも、判断できないときもあります。

どうか、私の健康をお守りください。

幸せに日常を送ることができますように。

イエス・キリストのお名前によって、お祈りします。アーメン

このブログを読んでくださった、お一人一人に、神様の大きな平和とお恵みがありますように。

Have a nice day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です