年末の主婦の疲れと、その祈り

しかし、人が主に向くならば、覆いは取り去られます。

主は霊です。

そして、主の霊の在るところには自由があります。

私たちは皆、顔の覆いを除かれて、主の栄光を鏡に映すように見つつ、

栄光から栄光へと、主と同じかたちに変えられていきます。

これは主の霊の働きによるのです。

コリント信徒への手紙 第二 3:16-18

最近、鏡を見て自分の顔が疲れ切っていることに、良く気づきます。

大丈夫?私?

みたいな言葉をかけて、昼寝と称して、グダグダ寝てしまう私でした…。

明日は、クリスマスイヴだというのに、お買い物もお掃除も、してません。

我が家は、ドイツ式(ダンナさんの家族のやり方)でやるので、クリスマスツリーは24日の明日に出します。

それに伴い、部屋のスペース確保ともろもろの掃除をやらねばなりません。

そして、また眠くなるというサイクルです。

この聖書の箇所を読み進めていくと、

「顔の覆いが取り除かれる」と。

見るべきところををしっかり見て、目を覚まして希望をもった生き方をするなら、顔の覆いが取り除かれて、自由の中で生きることができる、と言っているのです。

神様は、ただ愛の方であり、私たちが本当に心から神様の愛を求めて祈ったら、聞いてくださる方です。

だから、疲れ顔の私。

こう祈りました。

神様、日々のやるべきことで、頭の中がいっぱいになり、

神様のご愛を感じることができません。

力もなく、ただ眠いばかりで、希望も何も生きていることすら、惰性になっています。

神様が、目に見えない存在で、今ここにおられることを、教えてください。

神様に感謝して、力をいただき、立ち上がることができますように。

この年のクリスマスの時を、ありがとうございます。

イエスキリストのお名前でお祈りします。アーメン

このお祈りの時間と、その後の行動で、本当に変わるのです。

そして、私たちの内なる人は日々新しく造りかえられていくのです。

だから、年をとることに、恐怖も何もありません。

健康があり、動ける力があることで、神様のために生きることができるのです。

皆様にとって、良きクリスマスの時となりますように。

神様のご愛を深く、知れるチャンスとなりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

2022 New Year!