【作品番号:009】大きめショルダーバッグのできるまで

ある日の朝。ラインに、一つメッセージが届いた。

「私も、麻ヒモバッグほしい~。」

それは、25年前に突然出会った、アメリカに住む友達だった。

かれこれ、私がアメリカ留学時代に、隣町に住む日本人と、偶然出会い、意気投合して過ごして青春時代。そして何年も連絡が途絶えていたのに、Facebookでまたお互いの存在を確認して、早2年。

本当に出逢いって、不思議なことが起きる。

この友人まみ(仮名)は、なぜ私の作る麻ヒモバッグを、海を越えて購入したいと言ってくるのか、不思議だった。

Facebookに載せた写真

私のFacebookに、できたての「麻ヒモバッグ」を載せて、何人の人が反応してくれるのか、ちょっと知りたかった。

だから、まみもアメリカから私の投稿に、反応してくれたのだろう。でも、アメリカへ小包を送れるのか、不安だった。今コロナ禍の中、外国へ送るもの受け取るものは、すべて規制がかかっているからだ。

突然のオーダーにオーダーメイド

とにかく、私は、まみがどんな感じが好みで、どんなイメージのバッグが欲しいのか、聞き出すことにした。

アメリカへ送れるかは、分からないが、作品を作ることはできる。

まみは、「おまかせする。色合いを決めるとき、また連絡してね」

そう言って作品工程を楽しみにしている様子だった。

私は、まみのイメージを(25年前の姿を)思い出して、少し大きめのバッグを作ろうと思った。かなり昔の彼女のイメージなのに、今と変わらない様子を思い、彼女に合う色は、「赤」かなと勝手な想像をふくらませていった。

丸底より楕円形

麻ヒモショルダーバッグ

楕円の形に編んでいった。

途中、リボンを入れられるように、長編みを一段入れて、細編みをしていった。

細編みをしている中で、まみとのアメリカでの思い出が、どんどんとよみがえっていった。

アメリカ留学中、お互い日本食を食べたい思いにかられ、スーパーでジャガイモとマヨネーズを買い、大量のポテトサラダを作ったこと。アメリカのマヨネーズは、キューピーとはほど多く、塩気もなく油だけの味だったので、塩コショウを大量に混ぜて、「おふくろの味・ポテトサラダ」を完成したこと。

まみとは、日本の思い出ばかりを語り合う仲でもなく、将来のことも熱く語り合った。将来のこと、仕事のこと、日本に帰国すべきか、残るべきか。留学生ゆえにある、悩みをお互い吐き出しあった。それでも、お互いが進むべき道は、本当に想像をはるかに超えたものだった。

バッグ部分が完成

そんなことを考えて、まみのためのバッグ部分が完成した。

まみに、ラインを入れてみた。

「何色がいい?」

「グリーン系が好きよ」と、まみ。

それだったら、こんな色と思って、コサージュを作ってみた。

取っ手部分をつけて、あれこれ考えた。

(リボンにする色は、こげ茶がいいな。)

緑に合う色は、落ち着き感があった方がいいと思ったからだ。中身の布も、ブルーグリーン系でおさめてみようと、直感で思った。

この日の夜は、マッシュポテトを作った。

牛乳が少なかったせいか、なめらかとろーりとはいかず、アメリカで作ったまみとのポテトサラダに似ていた。

塩気もなく、なんだかぼそぼそしたけれど、ドイツ人のダンナさんがソーセージとザワークラウトと一緒に、無言で食べてくれた。

子どもたちは、なんの疑問もなく、喜んで食べてくれた。本場の味を知らないって、ある意味幸せなんだろう。

内側の布もつける

009:大きめショルダーバッグ
009:大きめショルダーバッグ

まみをイメージして作ったバッグ。完成した。

上品な色合いで大人テイストになって、よかった。まみのリクエストで、肩からかけて持ちたいと言っていたので、持ち手をながめに編んだ。

なかなか良いサイズになった。これなら、冬場もコートを着た上からバッグも持てるはず。

値段

いざ値段をつけるとなると、難しかった。製作日程は1週間かかり、材料費も結構要った。

始めは5,500円と、材料費とちょっとの製作料と思って、言ったけれど、まみはその気持ちを理解していた。

「きちんとお支払するから、ちゃんとした金額言って。」

「本当は、正直言って1万円は頂きたいの。」

「OK. 11000円と、送料と、お願いしていた物も買ってほしいから、合わせて13000円払うから。」

私は、正直、胸が躍るような気分になり、飛び上がって喜んだ。

作品を11000円で購入していただける。その思いがただただ嬉しかった。

そう。アーチストって、自分の作品に自信がないと、値段が付けられない…。評価が怖いから。人間が怖いから。

自分の直感で作ったバッグを、まみに評価してもらうことが、怖かった。

だから、まみが私を絶対的に信頼し、この値段を支払ってくれることに、バッグ作家としてやっていく一つの自信につながっていった。

小包を送る

コロナにより、アメリカへの小包は、船便でしか送れないと分かった。

航空便は、すべてダメだということ。船便は、3か月くらいかかる。

麻ヒモがカビちゃうか、心配になった。海の上をゆらゆら3か月だよ。そりゃ、湿気や、何か臭いのも吸い取ってしまうに違いない。

私は、地元の郵便局に掛け合った。

たまたま、局長が対応をしてくださった。

「なるべく早く届けたいので、何か方法はないですか?小さくまとめるので、普通郵便扱いにしてもらえませんか?」

局長、計りにおいて重量をみて、サイズもみて、ギリギリセーフで普通郵便扱いになると言ってくれた。

しかし、担当者の女性が後から来て、きっとだめだろう、と。

局長、税関などに電話をかけてくれた。

5分後。「大丈夫。国際書留という扱いで、なんとか送れますよ。」

もう。本当に、ありがとうございます。

気づけば、郵便局員3名の方々が局長と共に、調べてくださっていました。

船便だと、国際書留より1000円ほど安かったのですが、早くまみの元に届けたかったから、料金高かったけど、送ることができました。

それでも、2週間くらいはかかると言われました。

コロナ禍で、世界も混乱しているのだろうな。この小包一つで、何人の方々がそれに関わり、まみの手元に届くのだろう。そのことを考えると、送料もあながち高くなく感じるのであった。

送金

まみは、始め国際手形で支払うと言ってくれた。しかし、アメリカの郵便局で、国際手形は、発行できないとのこと。恐るべし、コロナ。

銀行送金になると、ものすごい手数料がかかってしまう。まみも、試行錯誤、どうやって送金できるか考えてくれた。

すると

「Paypalなら、支払いできそうよ。」と。

おおー。Paypalね。私にとっては、未知の世界だった。

だからこそ、チャンス。一から学ぼうと、Paypalのホームページで理解を深めた。

すると、ビジネスPaypalがあるじゃん。

そう。まみだけでなく、Paypalでクレジット払いもできるので、日本全国で私のバッグを購入したい人が、このビジネスPaypalを利用して支払いをしてくれる。

さっそく登録し会員になった。

そこから、まみへPaypal請求書を送る事ができた。

まみは、すぐ支払いをしてくれた。

ありがたかった。

はじめてづくしだったけれど、結果その後へ大きなステップになる

結果、学ぶところがたくさんあった。

送料も、送金も、小さく荷物をまとめるのも、自分がビジネスをしているんだという責務のもと、色々な状況にも対応できたということ。

単なる友達へ荷物を送るという作業だけではない。

ありがとうの気持ちがいっぱい詰まったバッグになった。

思い出だけじゃなく、今と、これからを生きる大きな学びの時となったのだ。

麻ヒモで、細編みをする作業は、本当に色々なことを思わされる。

しかし、ここで学ぶことは、大きなビジネスマンとして生きていく私への、大きな教えが詰まっている。

さあ、次の作品へ取りかかろう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

完成作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です