大自然の画家は神様です。

恐れるな。私があなたをあがなった。

私はあなたの名を呼んだ。

あなたは私のもの。

あなたが水の中を渡るときも

私はあなたと共におり

川の中でも、川はあなたを押し流さない。

火の中を歩いても、あなたは焼かれず

炎もあなたに燃え移らない。

イザヤ書43:1-2

この聖書のことばは、今生きる私の糧『食べ物』のようなものです。

なぜなら、この言葉は、私を元気にしてくれるし、励ましで立ち上がることができるから。

水の中を通るときも、火の中を歩くことも、現実的にはないのですが、比喩として神様はおっしゃっています。

水の中を通る自分を想像するときに、

息を止めて、目をつむって、いつ意識が飛んで死んでしまうかもしれない時、

押し流されずに、自分のペースで歩くことができる。

誰かに追い立てられるとき、誰かからひどい目に合ったとき、

押し流されずに、自分の言葉をもって、相手に立ち向かうことができるのです。

なぜなら、私のそばに神様がおられるからです。

昨日は、函館公園へ行ってきました。

とても広くてこの中に、動物園や遊園地、そして博物館など、指定文化財などもありました。

寒かったのですが、たくさん歩いて満喫してきました。

何よりも、紅葉が本当にキレイで、言葉がないほどの芸術に、ただ感動の嵐です。

神様は、大自然の画家です。すべて神様が造られたし、すべてに神様の深い存在があるからです。

だから、どんなに辛い毎日を過ごす自分がいたとしても、神様が自分を造られ、そして深く悟るために、今の状況をくださったと、自然をみて、また思うのです。

コロナの中で、ワクチンを打たなくてはいけない中で、政府のやり方に不満があったりするけれど、周りに絶対流されないで、神様を見つめて、何が良いことで悪いことであるのかを、判断していきましょう。

本当に大切なものは、自分自身の魂の救いです。

目に見えるものは、まどわされやすいし、だまされやすい。

今は、ネットで誘惑も多い。

しかし、本当に見るべきものは、目をつむってから、見えてくるのです。

目をつむって、自分の心が、本当に孤独でどうにもならないと、叫んでいるはずです。

なぜなら、神様が見えなくなると、人の心はむなしさでいっぱいになるから。

自分がそうだから。

だから、見るべき真実は一つだけだと思うのです。

聖書に書かれている神様は、お一人だけで、神様は人が救われるのをずっと待っていらっしゃるのです。

私は、子供のときから教会へ行っていたから、聖書を読むのに抵抗はなかったのですが、

本当に神様が自分の魂を救ってくださるまでは、気付けなかった。

魂が救われないと、体もきついのです。

神さまのご愛の中で成長しないと、成長できないのです。

自分の思いや判断は、ときに間違っているときもあるでしょう。

だから、祈って決めることができる人は幸せだと思うのです。

見えない神様を信じれるようになるには、神様からいただく『信仰』があるのです。

これは、神様からじゃないといただけない。

少しでもこの世が変だなと思ったら、聖書を読んでみてください。

ネットでも書店でも、どこでも買えます。

私は、自分の魂を救ってくれた神様のために、これからは生きていくのです。

私の中の状況や現実も、とても辛いものです。だけど、自分がまいた罪の種の刈り取りをしているのです。

だから、日々神様にその罪を言って、ゆるしていただいています。

ありがとうございます。

今日も本気で、生きていこうと思います。

Have a nice day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です