敵を愛すること

昨日の夕焼け~。

きれいでした。夕日が沈むときは、本当に静かな時間です。

あっという間に、終わってしまうから。

だから祈りの時間ともいう…。

ただいつも言えるのが、『今日もありがとう』です。

今日も明日も、変わらないようで、激動の毎日がすぎて行っています。

ちなみに、おとといは、朝焼けを撮れました。

これも本当に美しかった~。

これは、6時45分くらいだったかな。

焼きたてのパンを買いに、パン屋へ行く途中。

パン屋さんは6時半からオープンだから、ありがたい。

朝焼けを見れると、その日一日が、満たされる気分になります。

特に誰もいない朝の道は、得した気分になりますね。

みんな大変なんだ

最近、人から責められることがあり、それに対してゆるせない自分がいて、苦しい思いをしていました。

昨日は、なぜかポカポカ陽気だったので、近所のおばあちゃんと話すチャンスがありました。

その方、昨日がお誕生日だったので、ちょうどパーティーの最中だったのです。

お友達のおばあちゃんと、近所のおばあちゃんと、お二人でパーティーをされていて、自分も飛び入り参加することになりました。

話す内容を、うかがっていると。

老人ホームの友人のこと、デイサービスに来ている一人の90歳になる方が、娘さんから、イジワルばかりされているそうなのです。

自分の居場所も家になくて、唯一の楽しみ時間は、そのデイサービスの時間らしく、その近所のおばあちゃんに愚痴をこぼすそうです。

なぜ、イジワルされるかというと、

その娘さんが10代のころ、不良と付き合っていたらしく、不良たちから救うために、その遊んでいる現場へ行って、引きずって家に帰らせたから。

娘さん、お母さんのことをずっと恨んでこられたようです。

最後に、近所のおばあちゃんは言いました。

『子育てって、一体なんだろうね』

『親は、最後には捨てられる存在なんだろうね』

私は、考えさせられました。

人から責められて、辛い思いをしていた自分が、馬鹿らしく思えてきました。

何年も、何十年も、傷が癒されずに、世代を超えて、イジワルが続くのでしょうか。

なんとも言えない、この社会の闇が、見え隠れしています。

だって、家族なのに、一番の敵なのですよ。

無言のふるまいで、人は傷つき、言葉を言えば、またそれを良いように丸め込まれて、違うイジワルに変化してしまう。

今生きている人で、本当に安心して、幸せを感じて、生活できている人は、いるのでしょうか。

聖書の神様しか、答えはないように思うのでした。

昨日読んだ箇所です。

主であり、師である私があなたの足を洗ったのだから、

あなたがたも互いに足を洗い合うべきである。

私があなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのだ。

このことが分かり、そのとおりに実行するなら、幸いである。

ヨハネ13:14-17

イエス様は、先生なのに、弟子たちの足を洗われました。

その中にも、裏切りのユダがいました。

彼の足も洗いました。

私は、自分が先生だとしたら、生徒たちの足を洗えるでしょうか。しかも、私を裏切り殺そうと計画している人の足を。

それでも、神様は、互いに愛し合いなさい。ゆるしあいなさい。と、言われるのです。

なぜなら、神様がイエス様の十字架の死によって、私たちが命を得ることができたからです。

神様がゆるしてくださる人を目の前にして、『お前をゆるさない』と、言えるでしょうか。

神様が、愛しなさいと言っている人に向かって、『大嫌い』と、言えるでしょうか。

神様の愛は、人間には想像できないほど、深いのです。

だからそれを思うと涙がでてきます。

苦しんでいる人、おばあちゃんたちを見ると、どうにかしてあげたいと、思うからです。

私にできることは、自分の罪を神様に清めていただいて、神様のために働くことです。

人をゆるすことです。

もう、それでいいのです。

今日も本気で生きていこう。

Have a nice day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です