『言葉』を食べて満腹になる

ファリサイ派の人々が、神の国はいつ来るのかと尋ねたので、

イエスはお答えになった。

「神の国は、観察できるようなしかたでは来ない。

『ここにある』とか、『あそこにある』と言えるものでもない。

実に、神の国はあなたがたの中にあるからだ。」

ルカの福音書17:20-21

この神の国は、天国と呼ばれる所と解釈していますが、それが

自分の中にある、とおっしゃっているのです。

自分の中に一体何があり、何を才能として与えられているのでしょうか。

それは、からし種ほどの小さい『信仰』があれば、自分は天国に入れるような幸せを感じることができる、ということです。

天国と一言で言っても、テレビや映画の影響で、天使に取り巻かれているような『現実』から、かなりかけ離れたようなイメージがありますが、。

決してそんなことはない、ということです。

大嵐の中で、大波が来て、船が沈みそうになっても、安心して寝ていたイエス様がいます。

どんなことがあっても、絶対大丈夫と、思える、そして信じれるのが信仰だと思うのです。

その信仰をもって、社会の人に仕えることが、神の国の実現なんだと思ったのです。

自分は、主婦で社会からはなれた場所で生きていますが、(今仕事さがしていますが…)

神様が遣わしてくださる所で、神様への絶対的な信頼のもと、仕えるというイメージになります。

だから、家庭の中で、ダンナさんや子供たちに、神の愛を少しでも自分たちで感じられるような環境にするのです。

ダンナさんとケンカしたら、もうそれはかないません。

憎しみの言葉ばかり出ちゃいますから…。

子どもにも、悪い言葉ばかりを言っていたら、成長しません。

言葉によって生きる

自分の言う言葉に、気を使っていますか?

私は、思ったことを真っすぐに、言っていたので、家庭の中でも、会社の中でも、誤解されることがたくさんあります。

言わないといけない、と思っていたからです。

だけど、そんなしがらみは、一切関係なく、受け取った人にとっては、傷つき、落ち込んだ人も多かったのだと、今さらですが、思うのです。

それは、自分自身にも投げかけていた、『しがらみ』の言葉でした。

~~しないとダメだよ。

○○さんは、~~だから、しょうがない。

~しないと、こうなってヤバいよ。

とか、本当に脅迫じみた、言葉が私の中で展開されているのです。

神様の言葉(聖書)は、本当に読んでいるだけで、心が休まります。

そして、なによりも、その言葉で自分が生きるのです。

食物を食べているときよりも、言葉を読むだけで、お腹いっぱいになるのです。

そして満腹のあと、眠くなるのではなく、心が温まって、熱い思いになります。

神様が生きている証拠ですね。

私は、人一倍心配性だし、怖がりなのですが、それは、自分の心が傷つかないように、一生懸命守っているのです。

しかし、自分の言葉で、自分を傷つけていたのなら、自分を守る事なんてできません。

だから聖書を読んで、自分の言葉を正せるように、矯正しているのです。

そして、心に安心と平和をくださる神様に、自分を変えてくださいと、お願いするのです。

今日も、このブログを読んでくださった一人一人に、神様の平和がありますように。

本気で生きていきましょう。

Have a nice day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です