自然がくれる知恵

毎日できるだけ、散歩に出かけます。

晴れの日は最高ですが、雨でも雪でも、吹雪でも出かけています。

最近は、日が伸びて本当に夜の散歩が気持ちいいです。

北海道は、8時くらいまで長い夕焼けを見ることができます。

昨日は、夜7時過ぎに散歩に出かけました。

道端で、美しいバラ~を発見!

写真がブレブレで、申し訳ありませんが…

匂いがもう、素晴らしかったです。ローズの香り、アロマで癒されました。

隣にも、ルピナス。

今が一番お花の美しい季節ですね。

一生懸命に咲く姿を見て、自分もまた力をいただきます。

一番教えられるのが、雑草と呼ばれている草です。

雨で倒されても、人間に踏みつけられても、また青く真っすぐ伸びていくのです。

すごい生命力ですよね。

自分の庭には、ヨモギやらタンポポやらいろいろな草が生えていますが、

こういう自然の力を得るために、昔から人々は食してきたのですよね。

お隣のおばあちゃん

ヨモギのお餅、お隣のおばあちゃんが作ってくれました。

小豆と一緒に食べたら、本当に美味しかった。

お隣のおばあちゃんが、くださる差し入れは、本当に感謝なものばかりです。

私もたまに、ケーキを焼いて持っていきますが、

すべて「ドイツ」のレシピだと思われて、感動してくださいます。

(すべて日本のクックパッドからです)

ドイツ人の嫁だから、色々な想像をふくらまし、そして日本人の私と接してくださいます。

なんだか、うれしいような、複雑です。

お隣のおばあちゃんは、85歳くらいなのですが、

毎日お庭の手入れをしていて、

本当に素敵なお庭があります。

いつだか咲いていた立派な桜です。

美しかった。

一年中かけて、立派なお花が咲くように、お手入れをしているのです。

自然に対する愛情が、本当に深い人なんだな~と、思うのです。

相互関係

自然からいただく恵みは、果てしなく大きいのですが、

人間がそれを育て、愛情をもって毎日過ごすときに、

その見返りとして、お花の時期にたくさん応えてくれると思います。

お花一つで、心が癒され、次の力をいただけるのですから。

まして、人間が相手を思いやり育てていく中で、

育まれている愛情は、とっても深いんだと思うのです。

そして、ましてや人間と神様が織りなす、コミュニケーションって、

目に見える形になるのが、本当に時間がかかる事なのかもしれません。

しかし、対話を続けていくことで、

自分の心が育てられ、自分勝手な考えも変えられ

本当に、神様のために生きていくことが、本当の幸せなんだろうなと

思う今日の日でした。

お花たちの美しい姿は、将来自分の姿となるのだろうか。

神様に顔を向けて歩くとき、そうなることを確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。