今のオルガンと社会情勢

今日は、函館から札幌までの日帰り往復ドライブしました。

片道約300キロです。

主人とニセコのオルガン工房で合流して、

ニセコ・札幌間は主人の運転で、とばしてくれました。

行った先は、オルガンのメンテナンスで毎年お世話になっている結婚式場です。

こちら、丘の上にあるので、すばらしい景色。

札幌を一望できます。

中はまた、石造りのような雰囲気のチャペルで、

音響がとてもいいのです。

残響が何秒くらいあるのかな、結構長いです。

オルガンは、バルコニーにあるので

お客さんは背中で、降ってくる音を感じられます。

ヨーロッパの教会と似ていますね。

そして、臨場感が半端ないです。

私は、別の用事があって、調律のお手伝いはしませんでしたが、

2名のオルガニストさんがお手伝いくださり、

本当にオルガンの音の虜になっていると、お話くださいました。

音のパンチだけでなく、その背後にある見えない神聖な方を感じているのでしょうか。

ここで結婚式を挙げるカップルも、ご親族ご友人も、本当に祝福されるのだろうな~

なんて勝手に想像してきました。

オルガンは、ハンガリー人のビルダーが製作されましたが、

残念なことに、そのビルダーは、このオルガンを製作した後すぐ、破産してしまいました。

オルガンを製作するのは、本当に大きなお金が動きます。

それでもギリギリの予算で造ろうとするから、

後々の支払い等、つじつまが合わなくなってしまうのでしょう。

特に今は、物価が上がり

みんな将来の不安があるのに、

人間的に見たら、もうどうしたらいいのか分からないのが正直なところです。

主人も今、新しいオルガンを製作していますが、

予算立てた後に、戦争やら色々な問題が発生し、

ユーロと円の価値も差が開いてしまっています。

色々悩みながらも、木を削り、オルガンのパイプを造り続けてます。

この先、何が起きるか想像もつきません。

不安ばかりが頭をよぎります。

でも、今ある現実は、本当に祈りによってあるということを、実感しているのです。

だから、どんなに大変な状況にあっても

必ず神様が導かれ、祝福されると信じきることが、

今の私に試されている信仰です。

祈る事は、本当に自分自身の心が研ぎ澄まされていきます。

今日もお疲れ様でした。

朝4:15函館出発

夜9:15函館着。

長い一日でした~。

事故なく運転出来て良かったよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。