弱みが強みに変わる時

麻ヒモでバッグを編んでいるときに、時々出てくるのが、『木の皮』です。

これは、もうどうにもならないので、一緒に編み込んでいますが、そこだけ目だったり、網目の形がそこだけ大きくなったりするのです。

作品としては、どうなのかな~、なんて思ってしまうときも多々あります。

すべてはオリジナル作品になる

皮が茶色だったら何とかなるとは思うのですが、黒い皮が入るときは、ちょっとちょっと~、とビックリするときもあります。

イメージが明るい色のバッグを編んでいたら、なおさら黒は入ってほしくないからです。

しかし、麻ヒモの運命。

一緒に編み込んでいくしかありません。

そこで全体図をみていく中で、気付いていくことがあるのです。

『これがあって、いいじゃん!いやむしろ、これがあった方が良い』

なんて、マニアックな映画監督のようなセリフが出てくるわけなのです。

そうなんです。

完璧よりも、ちょっと曲がっていたり、ちょっと色が変な所があった方が、『それらしさ』を表現できると、思ったのです。

そして、世界で一点ものの作品になる

麻ヒモだけじゃなく、オリジナル作品はあなたそのもの

結局のところ、麻ヒモバッグだけでなく、自分自身の姿もまた、オリジナルそのものだったと気づいたのです。

ホクロやシミ、顔だけじゃなく体も。そして心や想い。

白い部分と黒い部分と両方があるからこそ、良いのです。全体像を見るときに、それが良い!と、必ずなるのです。

これ、すごいですよ。

社会の立場も、世間体も、人からどんなに見られようが、黒い部分と白い部分がある私。

何もしても、していなくても、そのままでいい。

なんか、そんなメッセージを麻ヒモを通してまでも、思わされました。

『楽しい』を見つける

麻ヒモバッグを編んでいると、本当に楽しいんです。

一つ一つの網目がそろったとき、その表情がおもしろいんです。

一つのヒモが、バッグになっていく工程もまた、楽しいのです。もし編んでみたい人がいたら、一緒にやってみましょう。

今という時代に、『楽しい』を見つけることは、難しいかもしれないけれど、自分自身の心がワクワクしてくることを、どんどん挑戦してみてください。きっと楽しいが、好きなことや得意なことに変わっていくから。

BeDuバッグは、あなたを応援していますよ。

頑張れ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です