リードオルガンで【主の祈り】を弾きました

この曲は、バッハをはじめ、色々な作曲家がアレンジを編曲しています。

バッハのオルゲルビュッフェラインという、オルガン教本の中にもありますが、

特に私が好きなのは、メンデルスゾーンのSONATA6番です。

このメロディーを使って、色々なオルガンの変奏曲があります。

この「主の祈り」は、私にとって、心に直球で語りかけられ、聴くだけで涙があふれて来る曲です。

いつか、本物のパイプオルガンで、メンデルスゾーンを弾けたら、またYoutubeにアップしたいな。

リラックスしてお聴きください。

ご視聴ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です